活動報告

報告|第7回定時総会開催

投稿日:2021年5月27日 更新日:

令和3年5月20日(木)にメルパルク大阪において、定時総会を開催しました。

小宮理事長は、コロナ禍の中、業界が社会に貢献することの大切さ、DX社会に向けた取り組みなどをはじめ、日頃の協会活動へのお礼を込めて挨拶を述べました。総会は任期満了に伴う役員改選となり、小宮理事長が続投することになりました。

 

令和3年度事業計画では、防災支援活動のさらなる活動強化や、30歳代以下で構成する「地質のリノベーション」プロジェクトの第2期開催など、これからの当協会が地域に貢献すべき内容が提示されました。

また、協会活動報告として、「広報戦略2030 ほしい未来は自分でつくる マイナー地質のリノベーション」の報告会がありました。令和元年度よりスタートしたこのプロジェクトは2年間の活動を経て、一つの未来を描き、そこに向かうために今何をすべきかを明確にしました。そこで生まれた、「Leaf構想」は2030年には自然災害で死亡者をゼロにするもの。1期生のメンバーは実際にLeafというセンサーのプロトタイプを作成し、確かな未来のために今すべきことに取り組みました。

会場は若手技術者の発表もあり、情熱がこもった総会となりました。

 

(発表の様子です。会員様限定の公開になります)

 

コロナ禍のため、会場設営だけでなく、ご参加いただいた皆さんがリスクマネジメントを行っていただいたことで、感染予防対策ができたこと感謝申し上げます。

 

第7回定時総会資料

-活動報告
-, ,

関連情報

令和3年度 3団体合同技術講演会を、2022年2月10日にZoomにて開催いたしました。

【講演内容】『付加体』と『リスクマネジメント』について知る 【日  時】2022年2月10日(木)1 …

「地を知る人は知恵の人」次の10年に向けて|創立60周年記念式典

一般社団法人関西地質調査業協会 創立60周年記念式典開催の報告です。 関西地質調査業協会は、1957 …

令和5年度全地連講習会「損害保険登録鑑定人に学ぶ 事故発生防止のポイント」を開催しました。

令和5年10月12日(木)15:00~17:00、あいおいニッセイ同和損保株式会社にて、講習会を開催 …

鴨川や桂川も将来必ず溢れるかも!|防災市民フォーラム京都

一般社団法人関西地質調査業協会 創立60周年記念事業として、「防災市民フォーラム京都2017 京都も …

ほしい未来は自分でつくる。Part5!

広報戦略2030プロジェクト「ほしい未来は自分でつくる・(マイナー)地質のリノベーション」の第5回目 …