活動報告

報告|2019年新春互礼会

投稿日:2019年1月10日 更新日:

謹んで新春をお祝い申し上げます。

1月8日(火)に新春互礼会を開催いたしました。会場には多くの来賓の方がた、協会会員の皆様にご参加いただき誠にありがとうございました。

当協会小宮理事長からは景気の変動に負けず協会力を向上するため多くの会員を招くために、正会員に加えて賛助会員が設けられたことや、働きか方改革への積極的取り組みについてご挨拶いたしました。

ご列席のご来賓を代表いたしまして、近畿地方整備局長の黒川純一良様より、災害とともに明けた年、今までの予算に加えて防災対策を実施するため重要インフラなど緊急点検を実施していく他、働き方改革を重点的に進めていくとのご挨拶をいただきました。

さらに、全地連常任理事(京都大学名誉教授)の大西有三様より、全国でデータの共有化が進む中、ボーリングデータはI constructionを進める上で精密でクオリティが高い情報としてとても重要であるとお話しいただきました。

関西地質調査業協会では、これまで以上に若手技術者の育成や防災への貢献を活発化させていくために、新たなプロジェクトもスタートしていきます。

本年も関係各位の皆様とともに歩む一年となるよう、よろしくお願いいたします。

-活動報告
-, ,

関連情報

子どもがかぶりつき!液状化実験|H29年度滋賀県総合防災訓練

今年度は 平成29年9月10日(日) に帰帆島公園で実施したため、訓練の見学に多くの方は家族で来られ …

ほしい未来は自分でつくる。Part4!

広報戦略2030プロジェクト「ほしい未来は自分でつくる・(マイナー)地質のリノベーション」の第4回目 …

琵琶湖西岸断層帯地震での対応を考える|防災市民フォーラム滋賀

一般社団法人関西地質調査業協会 創立60周年記念事業として、防災市民フォーラム滋賀 2017 滋賀の …

ほしい未来は自分でつくる!若手プロジェクトがついにスタート

 我が国では今後、ますます、人口減少や高齢化が進むと想定されています。また、過去に経験したことがない …

ほしい未来は自分でつくる。「行為のデザイン」で未来を考える

広報戦略2030プロジェクト「ほしい未来は自分でつくる・(マイナー)地質のリノベーション」の第2回目 …