活動報告

ほしい未来は自分でつくる。Part7・8・9!

投稿日:


広報戦略2030プロジェクト「ほしい未来は自分でつくる・(マイナー)地質のリノベーション」の第9回目が開催されました。

欲しい未来に向かって、いよいよプロトタイプができました!

…ん? プロトタイプ?いつの間に何かが動いている???

 

実は、コロナ禍の中、集まってミーティングができなかったため、第7回、第8回はzoomによるWEB会議を開催していました。

なかなか会えないのでやきもきしていましたが、欲しい未来に向かって私たちのソリューションサービスがほぼほぼ固まったのです。

ソリューションができたからにはみんなで会わなきゃ!ということで第9回は久しぶりに顔を合わせてミーティングとなりました。

 

(コロナ対策で広い会場でミーティング)

 

一行・三行、ビジュアル、プロトタイプ

私たちが欲しい2030年は、「自然災害で死者ゼロを目指す」   ことです。

この未来に向かってバックキャスティングしたところ、今すべきことは、地質情報を取得・共有・公開して、多くの方に地質に関心を持ってもらうことになりました。

そこで、今回はアイデアが出たプロトタイプの制作品お披露目と、その商品を一言で理解するフレーズ、それを支える3行の説明文、さらには一目でわかるビジュアルを持ち寄った会議でした。

 

(マスクもモノトーンの冨永ファシリテーター)

しかし、

 

プロトタイプ以外、ほぼ出来てないーー!!

まじかー。。。

 

気を取り直して、皆で再度シンキング。

 

プロトタイプの公開は、皆が驚き興味を持つ内容となりました。

 

(プロトタイプの動作を見てワクワクしてます)

 

とはいえ、プロトタイプですから、まだまだ満足いくものではありません。

ですが、実物を手にしてメンバーのみんなが驚き喜んだのは間違いなく、今後はブラシュアップをしてプロトタイプを完成させて実際に稼働させてみます。

 

何をやっているのって??

 

(こんな感じのことしてます。詳しくはまだ内緒です)

 

 

まだ開発中のため公開できません。ごめんなさい(´;ω;`)ウゥゥ

 

当協会総会が2021年5月20日(木)に開催します。

実は、その場で初めて公開になります。

かなり、面白い視点でのソリューションになっていますので、

協会員の皆様、ぜひ楽しみにしていてくださいね。

 

-活動報告
-, ,

関連情報

ほしい未来は自分でつくる。「行為のデザイン」で未来を考える

広報戦略2030プロジェクト「ほしい未来は自分でつくる・(マイナー)地質のリノベーション」の第2回目 …

琵琶湖西岸断層帯地震での対応を考える|防災市民フォーラム滋賀

一般社団法人関西地質調査業協会 創立60周年記念事業として、防災市民フォーラム滋賀 2017 滋賀の …

ほしい未来は自分でつくる。Part3!

広報戦略2030プロジェクト「ほしい未来は自分でつくる・(マイナー)地質のリノベーション」の第3回目 …

H30新春互礼会開催の案内|2018.1.11

2018.01.11 本日、メルパルク大阪にて新春互礼会が開催されました。近畿地方整備局長 池田豊人 …

報告|2021年新春互礼会

謹んで新春をお祝い申し上げます。 1月7日(木)に新春互礼会を開催いたしました。会場には多くの協会会 …