活動報告

ほしい未来は自分でつくる。Part3!

投稿日:2019年11月5日 更新日:


広報戦略2030プロジェクト「ほしい未来は自分でつくる・(マイナー)地質のリノベーション」の第3回目が開催されました。

前回、バグ出しを行い未来設計を行いました。今回はテーマの再確認を行い、改めて現在のテーマの先を思い描きテーマ選定を行い、バグを取り除く作業を行いました。

私たちは何を目指しているのか。

キーワードは社会環境の変化(人口変化・自然災害の多発)。そこで、私たち関西地質調査業協会はこのままのやり方で良いのだろうか。社会状況が大きく変化していく2030年には、このような世の中にしたい!とイメージし、バックキャスティングでそれまでに何をすべきなのか問題を設定します。つまりここがバグの発見作業ですね。

なので、今ある問題を今から解決するのではなく、目指す未来に繋がる一歩を今から始めることが重要なんです。しかも、既存の技術のブラッシュアップをするのではなく破壊的イノベーションで!

「行為のデザイン」でバグだし。繰り返し未来を想像しています。

いつもの仕事とは違って自分たちの未来を創造しクリエイトしていくこと、難しいけどおもしろい!

 

「もうお手上げ!」ではなくて、もっと概念を突破しよー!

 

考え中。。。

 

 

 

今回の会場はアメ村。たこ焼き食べて気分転換(笑)

 

 

ほら、アイデアが出始めましたよ!(たこ焼き効果!?)

 

簡単なプレゼンで、みんなの未来が少しずつ見えてきました。

今回の作業で、各チームの未来が固まってきました。次回はその未来に向けて、今から何をするべきなのかを考えていきましょう。

 

-活動報告
-, ,

関連情報

H30新春互礼会開催の案内|2018.1.11

2018.01.11 本日、メルパルク大阪にて新春互礼会が開催されました。近畿地方整備局長 池田豊人 …

「地を知る人は知恵の人」次の10年に向けて|創立60周年記念式典

一般社団法人関西地質調査業協会 創立60周年記念式典開催の報告です。 関西地質調査業協会は、1957 …

琵琶湖西岸断層帯地震での対応を考える|防災市民フォーラム滋賀

一般社団法人関西地質調査業協会 創立60周年記念事業として、防災市民フォーラム滋賀 2017 滋賀の …

目で見て納得!津波のメカニズムに子どもの目がテン!?|H29年京都府総合防災訓練

本年度は 平成29年9月3日(日) 、京都府八幡市の市民スポーツ公園で行われた平成29年度京都府総合 …

子どもがかぶりつき!液状化実験|H29年度滋賀県総合防災訓練

今年度は 平成29年9月10日(日) に帰帆島公園で実施したため、訓練の見学に多くの方は家族で来られ …