活動報告

鴨川や桂川も将来必ず溢れるかも!|防災市民フォーラム京都

投稿日:2017年6月13日 更新日:

一般社団法人関西地質調査業協会 創立60周年記念事業として、「防災市民フォーラム京都2017 京都も危ない…!!!」を開催しました。

河田惠昭氏(関西大学特別任命教授)による基調講演「京都で起こる身近な災害~地震、水害、土砂災害~」では、地震については京都盆地を囲む花折・西山・黄檗断層は過去1200年間地震を起こしておらず、エネルギーが溜まっていて危険であるとの指摘。洪水については、地球温暖化によりこれまでの降雨特性は激変したと考えなければならず、過去に起こった降雨記録を基準にしてはいけないとのご指摘がありました。また、豪雨によって鴨川や桂川も将来、必ず溢れる。そのとき京都盆地周辺の丘陵部のみならず、市内の吉田山や宝ヶ池、双ケ岡周辺、寺社境内の丘陵部でも土砂くずれなどの災害が発生するであろうとのことでした。

 

防災市民フォーラム京都 2017報告

-活動報告
-, , ,

関連情報

液状化実験に多くの参加者が驚き!|中河内防災フェアに出展

平成29年11月25日(土) に大阪府久宝寺緑地東地区修景広場周辺で開催された中河内防災フェアに参加 …

報告|2019年新春互礼会

謹んで新春をお祝い申し上げます。 1月8日(火)に新春互礼会を開催いたしました。会場には多くの来賓の …

目で見て納得!津波のメカニズムに子どもの目がテン!?|H29年京都府総合防災訓練

本年度は 平成29年9月3日(日) 、京都府八幡市の市民スポーツ公園で行われた平成29年度京都府総合 …

ほしい未来は自分でつくる。Part4!

広報戦略2030プロジェクト「ほしい未来は自分でつくる・(マイナー)地質のリノベーション」の第4回目 …

報告|第5回定時総会開催

令和元年5月22日(水)にメルパルク大阪において、定時総会を開催しました。 小宮理事長は、生産性向上 …